セフレ募集

セフレ募集して出会った相手は割り切りの関係として付き合っていける

セフレ募集して出会った相手は割り切りの関係として付き合っていけるのを知っていますか!

 

募集アプリで作った若いセフレにパパと呼ばれています

割り切り掲示板では今すぐ会える相手を作ることができる
結婚当初は若くて良い体をしていた妻とセックスをするのが楽しかったのですが、今ではおばさん特有の体になってしまい、すっかり楽しく無くなってしまいました。
なので私は昔の妻のような若い体を持った女性とセックスがしたいと思うようになりセフレ募集アプリを使い始めたのです。
しかし募集アプリの若い女性は私と会ってはくれても、食事をおごらせるだけで、それ以上の事はさせてくれませんでした。
それでも私は若い女性とセックスをしたいと強く思っていたので、募集アプリを使う事をやめませんでした。
その甲斐あって、私は一人の女の子とセックスをすることが出来るようになったのです。
彼女は会って早々、私の事をパパと呼んできたのです。
私には子供はいませんでしたが、パパと呼ばれて悪い気はしませんでした。
彼女とはラブホテルでセックスをする事になったのですが、ここでも彼女は私をパパと呼び続けてくれました。
まず「パパ、気持ち良くしてあげるね」と言い、私のズボンとパンツを脱がし、ちんちんを露出さたのです。
それから私のちんちんを、両手で揉み揉みしてくれました。
私のちんちんは彼女の揉み揉みで気持ち良くなり、直ぐに大きく勃起したのです。
勃起すると彼女は私のちんちんの先っぽを舌で舐め、次に口に含んだのです。
それから口の中で、私のちんちんを器用に愛撫してくれました。
彼女のフェラはとても気持ち良く、私は耐えかねて彼女の口の中に熱い液体を吐きだしました。
それを彼女はごくんと飲み干してくれたのです。

私は彼女の行為が嬉しくて興奮してしまい、今度は彼女の下のお口を気持ち良くしようと思い、ベッドに寝かせました。
そして嫌って言うほど彼女の下のお口を愛撫してから、再びちんちんを挿入して射精したのです。
お互いに愛撫し合って気持ちが良くなった私たちは、セフレ関係となったのです。
セフレ関係となってからも、彼女は私の事をパパと呼び続けてくれ、それがこそばゆくてたまりません。
パパと呼んでくれるセフレを持ち、それで実の娘とセックスをしているようないけない気持ちになり、異様に興奮が出来て楽しくて仕方がありません。
「茨城県:30代:男性:会社員」

 

精力絶倫男の募集アプリな日々 現在4人のセフレと交際中で大忙し

おれ、自分でもいやになるぐらい「強い」んですよ。
アラサーになってますが、ほとんど高校時代とかわらない元気さで、セフレと会う日でも、朝、自分で一発やるぐらいなんです。

 

なので、これまで付き合った彼女にもあきれらることがありました。
「体が持たないから、風俗で発散してきてよ」なんて言われたこともあります。
彼女から風俗を勧められたことのある男って、かなりめずらしいんじゃないでしょうかね。
その時、おれは、風俗に行く代わりにセフレ募集アプリでセフレを見つけることにしました。
絶倫でありながら、風俗のようなビジネスライクなエッチだとイマイチ満足できないんですよ。
その点、出会いアプリで見つけた彼女なら、「心の交流」があるじゃないですか。
そういうロマンチストなところも、おれにはあるんです(笑)。
現在4人のセフレがいます。
全員、募集アプリで知り合いました。
20代が2人、30代が2人というメンバー構成(?)です。
仕事を持ちながら、4人のセフレと付き合うんですから、それは忙しいですよ。
でも、その忙しさが楽しんですよね。
中で一番のお気に入りは、アラフォーの人妻。
彼女は、欲求不満のかたまりみたいな女で、おれの絶倫にもひるむことなく、対応してくれるんです。
要するに、いくらでもやらせてくれるというわけ。
「そんなら、その人妻だけでじゅうぶんじゃないの。

なにも4人ものセフレと同時進行で付き合って忙しがる必要ないんじゃない?」と言われそう。
でも、セックスの楽しみって、回数だけじゃないですよね。
1人のセフレとたくさんやっっただけじゃ、おれ、満足できないんですよ。
付き合っているセフレがいても、「違う女とやりたい」って思うのが、男というもの。
「元気な男子」なら、おれの言うことわかってもらえるんじゃないかな。
それはともかく、明日は25歳のアルバイターの娘と約束してます。
彼女の魅力は「巨乳」です。
【栃木県|20代|男|建築関係】

更新履歴